目の健康について

ブルーベリーに含まれるアントシアニンの効能は?


ブルーベリーの美しい見た目は、ポリフェノールの一種のアントシアニンによって作られたもので、幅広い効能があることで注目されています。この色素成分は、厳しい自然の紫外線から果実を守るために生まれたものですが、食用として利用する人間にとっても有益な成分なのです。この色素成分は野菜の茄子や赤紫蘇と同様なもので、ブルーベリーの場合には青紫色の状態になっています。


アントシアニンには非常に強い抗酸化力があるために、体の老化や酸化を防ぎ、アンチエイジングを促進させる力があると言われています。強力な紫外線を浴びるときには、メラニンが色素沈着を発生させて、皮膚のシミとして残ってしまうことがあります。アントシアニンをブルーベリーから吸収していれば、優れた抗酸化力が働いて、シミの発生源を遮断してくれます。自然界の中で生まれた防御反応が人間にも良い影響を与えて、過酷な野外作業を行う人にとっても便利になるわけですから、夏には特に欠かせないフルーツです。


アントシアニンの効能については、衰えてしまった視力を回復し、目の健康を増進することも有名です。老化によって視力が低下した人が使うことによって、今までとは違った明るさも感じて、細かい文字も見えやすくなる可能性もあるとされています。


目の健康に良いことに着目して、現在ではアントシアニンを凝縮したサプリメントが多く出回り、現代人の目の健康を支えています。ブルーベリーの中でも、アントシアニンの含有量が特に多い品種は重宝され、目の疲れが著しい人からも重要視されています。


アントシアニンの効能は、基本的には老化に対抗できる点にあるため、一定の年齢に達したときには継続的に摂取することが理想です。紫外線が特に厳しい夏場だけでなく、秋から春の時期にかけても摂取するようにすれば、若返りのための仕組みが活発に働きます。高齢化の時代にあっては、ブルーベリーの重要性が増して、アントシアニンの注目度も相対的に高まる状況です。