目の健康について

ルテインサプリはどんな人におすすめ?効果効能は?


ルテインのサプリは目に良いと言われていますが、ルテインはブルーベリーに多く含まれている成分です。この成分には抗酸化作用や認知機能の改善、視力の改善などの効果が期待できるとされており、目の病気のリスクを下げる効果があることも分かっています。


ルテインはマリーゴールドが種子を守るために持っている色素であり、ポリフェノールの1種となっています。この成分には網膜や角膜、水晶体の劣化を防ぐという抗酸化作用があり、パソコンやテレビなどから発せられている有害光線を遮る効果もあるとされています。ルテインは現代人の目を守ってくれる成分であり、サプリなどで積極的に摂取すると良いでしょう。ちなみに、この成分はほうれん草やニンジンなどの緑黄色野菜にも豊富に含まれていますが、食べ物から十分な量を摂取することは難しくなっています。


また、脂溶性なので脂質と一緒に摂ることで吸収率が高くなると言われています。目の病気を予防するためには、毎日10mg程度のルテインが必要とされており、眼科医の中にもサプリの摂取を勧める人が増えています。ルテインを摂取すると視力の低下を予防することができますし、目の病気のリスクを下げる効果もあります。また、他の色素系の栄養素と同じように血流を改善する効果もあるということです。


ちなみに、ルテインは体内に吸収されると眼球に集まる栄養素となっており、視力の低下で悩んでいるなら積極的に摂取することが大切です。視力の低下を改善したいという場合、毛細血管の血流を改善することや、毛様体筋という筋肉のコリをほぐすことがポイントです。


毛様体筋の働きが悪くなると水晶体の厚みを調節できなくなるため、視界が狭くなったり目のかすみ、ピントが合わなくなるなどといった症状が出てしまうこともあります。そして、視力低下の原因となってしまうこともあるため、ルテインが豊富に含まれているサプリメントを摂取すると良いでしょう。