目の健康について

スマホ老眼だと感じたら眼科へ行くべき?


老眼は、これまで40代以上から症状が現われるとされてきました。
しかし、近年はスマホが普及した影響により、30代や30代の若い世代にも老眼になる人が増えています。
スマホが普及すると老眼が増える理由は、スマホを使うと至近距離で画面の1点を集中してみるからです。
長時間スマホでネットやゲームを楽しんでいると、知らず知らずのうちに画面の1点を近い距離で集中してみてしまいます。
そうすると、ピントを合わせる目の毛様体筋に疲れが溜まり、スマホ老眼と言われる状態になるのです。
日頃からスマホを使ってばかりいる人のなかには、スマホ老眼の症状を感じたことがある人も多いでしょう。
スマホ老眼だと感じたら、眼科に行くべきか迷うかもしれません。
もちろんスマホ老眼の症状を感じたときに、すぐに眼科に行くのは良いことです。
眼科に行けば、検査を行ない症状に適した薬を処方してくれます。
また、眼科医から直接もらえるアドバイスも、スマホ老眼の改善に役立てることはできます。
さらにスマホを集中してみていると、視力が低下しがちです。
そのため、メガネやコンタクトレンズの度数が変わっている可能性もあるので、眼科で測定して度数を調整すれば症状が楽になることもあります。
しかし、スマホ老眼になる根本的な原因は、スマホの使いすぎです。
症状を感じたら、しばらくスマホから離れてみたり、必要最低限の使用に止めるようにしましょう。
その上で頻繁に画面から目を離して離れた場所を見たり、目のストレッチやホットタオルで目を温めて疲れを取ったりと、様々な防止策を行なうことが大切です。
便利だとつい使い過ぎてしまいますが、目を大切にしながら気を付けて使うようにすれば、スマホ老眼の症状を感じることはありません。
もしスマホの使いすぎで老眼の症状を感じたら、これからは目を大切にする使い方を心掛けて、それでも辛い症状が続くようならスマホ老眼で眼科に行くと良いでしょう。