目の健康について

目のかすみやぼやける原因・症状・改善方法


テレビを長時間視聴したり、パソコンやスマートフォンの画面を見続けていると、ものが見えにくくなったり、目の前がぼやけるなどの不快な症状が出ます。このような症状は、目のかすみとして一般的に表現されます。
目のかすみには、いくつかの原因があります。


目の酷使が原因で疲れ目や眼精疲労が起こっている、加齢による老化現象、目に関わる疾患、コンタクトレンズの装着などが主にあげられます。


疲れ目になるのは、眼球のピント調整をする筋肉が疲れによって機能低下を起こすのが原因です。目の網膜には脳に情報を届ける細胞が存在します。細胞にはロドプシンというものが含まれており、このロドプシンが目の疲労によって減少してしまうのも問題です。


加齢による老化現象として、老眼があります。老眼になるとピント調整がし難くなります。目のかすみを引き起こす疾患としては、緑内障や白内障、ドライアイに糖尿病が関係します。合わないコンタクトレンズをしていると、ものが見づらくなってしまいます。


目のかすみが起こると、目の前のものがはっきりと見えなくなる症状がよく発生します。症状が酷くなると、目が充血したり、頭痛や肩こり、まぶたの痙攣などを起こすことがあります。


目のかすみを改善するには、何よりも目を休ませることが大切です。目を酷使する作業を中止し、目を閉じたりして安静に過ごす時間を作りましょう。長時間、目を酷使する作業をする際には一定時間ごとに休みを取る努力をします。光も目の疲れを助長しますので、カーテンで光を遮ったり、アイマスクなどをして目を休ませるのが有効です。


目のピント調整の筋肉を解すために、遠くと近くを交互に見て、筋肉を動かしてやるのもおすすめです。窓の外を見るなどの工夫をしてみましょう。


まばたきの回数が少ないと、目が乾燥してドライアイの症状を引き起こします。意識的にまばたきの回数を増やしてあげると、目を潤すことができます。
コンタクトレンズは度のあったものを利用しましょう。