目の健康について

眼精疲労(目の疲れ)の症状・対策・回復方法は?


眼精疲労とは、目を酷使することにより目が疲れ、様々な身体の不調が出る症状です。不調は目だけに起こるわけではありません。身体全体に症状が現れることもあります。


目に現れる主な症状としては、目の奥が重く痛みがある、目が乾く、目の疲れやかすみ、ショボショボ・ゴロゴロとした違和感、充血、まぶたが重いなどの症状があります。また、ものの見え方が霞んで見えたり焦点が合いにくかったりという症状もあります。


目以外の身体に現れる症状には、頭が重く感じられる、頭痛、肩や首の凝り、全身的な倦怠感、手指のしびれ、胃もたれや吐き気、めまい、食欲不振などがあります。また、身体だけではなく、症状は精神面にも現れることもあります。イライラや不眠、抑うつなどが主な症状として挙げられます。こうした眼精疲労の原因には、目を長時間にわたって酷使することが挙げられます。


メディアや情報の発達などにより、テレビやパソコンやスマートフォンなどを長時間にわたって見ることが、目に大きな負担をかけてしまっているのです。最近では「スマホ老眼」という言葉もあるくらい、スマートフォンやパソコンにより眼精疲労になる方は多いです。


長時間パソコンやスマートフォンを見ることを控えたり、長時間見る必要がある場合には、間に目を休めるための休憩時間をとったりすることが、眼精疲労の予防につながります。また、目の周りを温めることも有効です。温めた蒸しタオルを目にのせたり、ホットアイマスクなどを利用すると良いでしょう。目のマッサージも有効です。


他にも、目に良い食品を摂取することもおすすめです。ブルーベリーやルテイン、アントシアニンなどの栄養素が豊富に含まれているサプリメントがたくさん販売されています。そういったサプリメントを飲むことも、眼精疲労の予防につながります。


スマートフォンやパソコンだけに限らず、何かと目を酷使することの多い現代、こまめに目をケアすることが眼精疲労の予防につながります。


疲れ目などの症状は温める?冷やす?どっちが正解?


疲れ目には色々な症状があるので、症状に合わせた解消法を試してみましょう。


目がショボショボして物が見えにくくなるのは、血行不良が原因になっています。目を酷使して筋肉がこり固まってくると、血管が収縮してしまうので血流が悪くなってしまいます。さらに血液の状態がドロドロの場合、余計に流れが悪くなってくるため、目が疲れやすくなっています。


血行不良による疲れ目を解消する時は、目とその周りの筋肉を温める方法が効果的です。熱で筋肉がリラックスしてくると、コリが治まって血管が拡張してくるので、血液の流れが改善されます。目を温める時に便利なのは、蒸しタオルです。電子レンジを利用すると簡単にできるのでショボショボした疲れ目を解消したい時に便利です。


まずはタオルを水で濡らし、十分に絞ります。水気が残っているとレンジから出した時にやけどをする可能性があるので、水が垂れたいようにしっかりと絞っておきます。おしぼりサイズの小さなタオルだとすぐに冷めてしまうので、大きめのタオルを使用することがポイントです。濡らしたタオルは適度な大きさにたたんでから、ビニール袋に入れてレンジで1?2分ほど温めます。温めた直後のタオルはとても熱くなっているので、適温に冷ましてから目の上にのせます。上から乾いたタオルやビニールをかけておくと蒸しタオルが冷めにくくなります。


充血していたり炎症を起こしている時の疲れ目は、冷やして対処します。痛みやかゆみを感じるような時は温めるよりも冷やす方が痛みが和らいできます。目を冷やして余分な熱を取り去ると血管は収縮してしまいますが、常温に戻った時に血管が再び拡張してくるので、冷やすことでも血行を促進する効果が期待できます。目を冷やす時は、固く絞った濡れタオルを冷蔵庫にしばらく入れておき、十分に冷えてからタオルを目の上にのせます。繰り返し使える冷却ジェルも疲れ目解消に役立つアイテムです。


慢性的な疲れ目になっている時は、温熱療法と冷却の両方ができるアイマスクを準備しておくと、こまめに目を休められるので疲れ目対策になります。


ツボ・マッサージ・目薬について


自分では目をそんなに使っていないつもりでも、目はいつの間にか疲れているということがあります。それは、現代人は液晶画面を見ていることが多いからです。電車の待ち時間や仕事の休憩時間などもスマホでメールチェックなどをしていることが多いため、いつの間にか目が休めない状況になっているということもあるでしょう。ずっと見ている時間は数分でも、何度も繰り返し見ていることで目はとても疲れてしまいます。


目がぼやけて見えたり、重たく感じたり、閉じていないと疲れていないような時は疲れ目になっているので、目の瞼の上を軽く押さえてマッサージをしたり、温かいタオルやガーゼなどで目元をあたため、目の辺りの血の巡りを良くしてあげると良いでしょう。そうすることで目の疲れも軽くすることができます。


また、目が疲れてくると脳から発せられる目の神経の働きも悪くなるので、脳の働きを良くするという意味でも疲れ目対策をしていくといいでしょう。ツボ押し・マッサージなども効果的ですが、目が充血しているような時は目薬をさすのも良いです。ですが、目薬も市販で販売されているものだと自分の目に合わないようなこともあるので、使う種類に気を付けることも大事です。


自分にあうものが分からない様な時や、万が一目に合わないようなことが心配される時は、眼科に相談した上で、自分に合う目薬を処方してもらうと良いです。ちゃんと目の検査をしたうえでの目薬なので使うのも安心です。そして、目が疲れたと感じたら意識して液晶画面から目を離すことも大事です。


仕事中はパソコンで、休憩時間時はスマホを見ている状態であれば目が疲れても当然です。ですから意識して液晶画面から目を離すようにもしましょう。そしてパソコンを使う時はPCメガネを・スマホを使う時は液晶から発生されるブルーライトから目を守るために保護シートを液晶画面に貼ると良いです。ブルーライトをカットできるグッズも探してみましょう。