目の健康について

ブルーライトは目にどんな悪影響を与えているのか?


最近、ブルーライトという言葉をよく耳にしませんか?現代人は、パソコンやスマートフォンの普及により、長時間にわたって液晶モニターを凝視するようになってきました。液晶モニターには、白色LEDというライトが使用されていますが、その光にはブルーライトと呼ばれる波長が380?500nmの領域にある青色の光が含まれています。


人間が見ることができる光の中で、最も波長が短いのが特徴です。光の波長には、短ければ短いほどより強いエネルギーを持つという性質があり、ブルーライトは非常に強いエネルギーを持つ光です。自然の太陽光や蛍光灯、白熱灯の光にもブルーライトは含まれていますが、白色LEDの中には、更により多く含まれています。


では、そんな身の回りに溢れているブルーライトには、目にどのような影響を与えてしまうのでしょうか?大学や医療機関での研究によれば、マウスの目の細胞にLEDの光を6時間当て続けたところ、約80%の細胞が死滅してしまったという報告がなされています。


また、LEDの光を当て続けた細胞には、老化を進めてしまう活性酸素が増加していることも確認されました。これらのことはマウスに限ったことではなく、人間の目にも同様の影響があり、疲れ目や若年性の老眼のみならず白内障などの深刻な目の病気を引き起こしてしまうと考えられています。


人間の目にとても悪影響を与えてしまうブルーライト。どのような対処法があるのでしょうか?基本的にスマートフォンやパソコンなどの液晶モニターを見ないというのが最善策かもしれませんが、あまり現実的ではありません。そこで、ブルーライトが目に与える影響を極力小さくするための方法を具体的に紹介してみましょう。


まず、パソコンやスマートフォンを使うときは、ブルーライトカット用のアプリやソフトなどを設定しましょう。また、専用の対策用のメガネも発売されています。それらを効果的に組み合わせて使っていきましょう。また、夜就寝前は、特に目に与える影響が大きいため、就寝の2時間程度前には、パソコンやスマートフォンの使用を控えるようにしましょう。


ブルーライトカットのPCメガネの効果は?


パソコンのLEDディスプレイからはブルーライトと呼ばれる光が放出されています。ブルーライトは人間の目に見える光の中では最も紫外線に近い強力な光ですので、網膜に悪影響を及ぼします。厚生労働省からもブルーライトの危険性が警告されており、1時間パソコンを使った時には15分程度の休みを取ることが推奨されています。


パソコンやスマートフォンのディスプレイから放出されるブルーライトは、ブルーライトカットのPCメガネを使用すると50パーセント程度軽減することができます。ブルーライトの影響を軽減できるため、パソコンやスマートフォンを長時間使った時に目が疲れにくくなります。PCレンズを着用するとディスプレイが見やすくなり、小さな文字もよく見えるようになります。


ブルーライトカットのPCメガネは、色付きのレンズと透明のレンズがあります。ブルーライトのカット率は色付きのレンズの方が高く、50パーセント程度カットすることができます。透明のレンズは色付きのレンズよりもカット率が低く、30パーセントから40パーセント程度のカット率です。


PCメガネには度付きと度なしがあり、度数は自由に選べます。遠近両用レンズも作ることができ、老眼の人でもPCメガネを使用できます。PCメガネはパソコンを使用しない時でも着用することが可能で、ファッション性が高いオシャレなフレームも揃っています。


PCメガネのレンズには、反射式タイプと吸収式タイプがあります。カット率は吸収式タイプの方が優れており、見た目は反射式の方が優れています。反射式のPCメガネは自然な見え方をしますので、日常生活でも問題なく使用することができます。


PCメガネを使って目の疲れが軽減されると、目の酷使が原因の頭痛や肩こりなどの症状も緩和されます。PCメガネは目と身体の健康を守るために大いに貢献しますので、パソコンやスマートフォンを長時間使用する人は、PCメガネを着用することをおすすめします。