目の健康について

スマホ老眼の予防方法・改善方法は?


スマホ利用者の急増により、若い世代でも老眼と似た症状を訴えるスマホ老眼の人が増えています。
しかし、スマホ老眼は簡単な予防策で、改善することが可能です。
スマホやパソコンを手放せない人は、スマホ老眼の予防法を試してみましょう。
スマホやパソコンの画面をジッと見ていると、毛様体筋が収縮してしまいます。
スマホ老眼を予防するためには、毛様体筋を弛緩させることが大切です。
時々スマホやパソコンの画面から目を離して、遠くの景色を見るようにしましょう。
毛様体筋の疲れを取るのも、予防方法として有効です。
蒸しタオルなどを目の上に乗せて温めれば、毛様体筋のまわりの血流が良くなり、疲れも取れてリフレッシュできます。
パソコンを手放せない人は、画面を斜め上から見下ろせる角度にしましょう。
画面が見上げる角度にあると、目を見開きドライアイになります。
見下ろす角度で画面を見ていれば、ドライアイも防ぐことができます。
ドライアイは、瞬きの回数が少ないことも原因です。
意識的に瞬きをしておけば、涙不足を解消してドライアイの症状も感じなくなります。
スマホ老眼を予防するためには、メガネを使うのも効果的です。
スマホやパソコンを使うときはブルーライトをカットできるメガネを着用したり、外出するときは紫外線から目を守るためにサングラスをかけておけば、目の老化を防ぐことができます。
他にもスマホ老眼の予防策で効果的なのは、サプリメントです。
目に効果の良いと言われているアントシアニンは、スマホ老眼にも効果的とされています。
ブルーベリーなどのアントシアニンを多く食べればたくさん摂取できますが、現実的には無理です。
そこでサプリメントを飲めば、アントシアニンを気軽にたくさんの量を摂取することができます。
スマホ老眼は、スマホやパソコンとの付き合い方やちょっとしたことで、予防することが可能です。
さらにサプリメントも積極的に摂取すれば、予防策はより効果的になります。