目の病気について

網膜剥離とは?原因・症状と手術について


急激な視力低下というような症状から考えられる目の病気の一つに網膜剥離があります。


網膜剥離とは、目の中に入ってくる光を受け取って、脳の視神経に伝達する網膜がなんらかの拍子に剥がれてしまう病気のこと、最悪の場合、急激な視力低下からそのまま失明に至ってしまうケースもあります。この網膜剥離を引き起こす原因はいくつかありますが、よく知られているのが外部からの強い衝撃です。


ボクサーなどの顔面部への衝撃を受けやすいスポーツをしている方が患うことも多いのですが、スポーツだけではなく日常生活の中で頭部や眼球周辺への強い衝撃を受けると網膜が裂けてしまうことがあります。最初は小さな裂け目であったとしても放置しておくと眼球の中にある硝子体に引きずり込まれるようにして裂け目が広がっていき、最後には網膜がぺろりと剥がれてしまうことになるのです。


また外部からの衝撃以外では、加齢によって硝子体の形が変わってしまうことも原因として挙げられます。


硝子体はゲル状の物質で満たされていますが、加齢によってその物質が減少すると収縮してしまいます。この時に網膜と硝子体の癒着が強いと、網膜に小さな裂け目が出来てしまうことがあるのです。他にも強度の近視の方は、眼球の長さがも長くなるため、その長さに合わせるように薄くなった網膜が裂けてしまうことがあります。


このように網膜剥離は誰にでも起こりえる目の病気の一つですが、小さな裂け目のうちはほとんど自覚症状がないため、早期発見が難しくなっています。ただし、前兆として飛蚊症や光視症があらわれることがありますので、視力低下などとともにこうした症状が現れた場合は、早めに診察を受けるようにしましょう。網膜剥離の主な治療法は、剥がれた網膜を元の位置に固定して、裂け目を塞ぐ手術となります。


症状に応じて術式は変わりますが、眼球の内側から修復する硝子体手術や眼球の外側から修復する強膜内陥術などが考えられます。また剥離までいっていない場合には、レーザーで裂け目を塞ぐだけで済む場合もありますので、なんにしてもどのような状態であるのかを早めに確認することが重要です。