目の病気について

老眼の症状と予防・改善・治療方法の解説


老眼は遠視とよく似ていますが、正確には違います。遠視は網膜の奥のほうで屈折機能が異常をきたした状態です。しかし、老眼は水晶体のピント調整機能が老化現象により低下した状態を作り出し、近くのものが見えにくくなります。


個人差はありますが、大体40歳くらいから老眼の症状があらわれるようになります。症状の主なものとしては、目の前にある新聞や雑誌の文字が小さくて見えづらくなる傾向があります。少し目から離したほうがピントが合う場合には、老眼を疑ったほうがよいでしょう。


ピントが合わせにくくなると、疲れ目の症状が起こりやすくなります。目がかすんだり、目の周囲がこる、痛くなることがあります。また、目だけでなく、頭痛や肩こりを誘発する原因にもなります。酷い時には吐き気を伴うこともあるほどです。


改善をするには、老眼の進行スピードを遅くする努力が必要です。老化現象ですので、完全に防ぐことはできませんが、努力することで症状の進行を遅らせたり、辛い症状を改善できるようになります。


辛い症状を改善する方法として、眼球のストレッチを行いましょう。眼球を円を描くように動かしてやると、目の筋肉を解すことができますので、症状の改善や予防に繋がります。睡眠不足は目の回復力を低下させますので、気をつけるようにします。寝ている間は目を酷使する必要がありませんので、目を休ませる方法としては最も適したものです。
また、目の周囲を冷やしたり、温めたりするのもおすすめです。


老眼治療は、コンタクトレンズや老眼鏡で矯正をするのが一般的です。さらに高度な治療法としては、モノビジョンレーシックがあります。近くのものを見やすくする、特殊なレーシック技術になります。レインドロップは、老眼用の特殊なレンズを、角膜の中に直接挿入します。


この他にも高度な治療法がありますが、デメリットも存在しますので、リスクについてよく考えてから、治療を受けることをおすすめします。


老眼と関係あり?「ロドプシン」についての解説


目には、「桿体細胞」という細胞があります。桿体細胞は、うす暗いところで働く視細胞のことです。片目の網膜上にだけでもおよそ1億2000万個存在しています。この桿体細胞は、うす暗いところでその力を発揮し、わずかな明暗を鋭く感知する力を持っています。その反面、「色」を感知することはできません。色を認識するのは錐体細胞という、物体から反射した光の波長を読み取る細胞です。


錐体細胞は色の認識はできますがうす暗いところでは働くことができません。このときに出番となるのが桿体細胞です。明るいところでは錐体細胞のみが、うす暗いところでは桿体細胞のみが働くという具合に2つの視細胞のオン・オフがされます。夕暮れ時のような、明暗のはっきりしないような環境下では桿体細胞と錐体細胞の両方が働きます。


さらに、上記の2つの細胞を細かく掘り下げると、それぞれの細胞には「視物質」というものが存在しています。この視物質には名前が付けられており、桿体細胞の視物質には「ロドプシン」という名称があります。錐体細胞の視物質には特に名称はありませんが、時に「ヨードプシン」と呼ぶことがあります。


ロドプシンとヨードプシンはどちらも光が当たることによって分解し、それがそのまま電気信号になります。光が当たることで分解されるという点では同じですが、分解のきっかけとなる光の量に違いがあります。桿体細胞の視物質であるロドプシンはほんのわずかな光にも敏感に反応し、分解します。


このときには桿体細胞の働きで見ているのでものの形は分かりますが、色は感知できません。このときの目の状態は瞳孔が大きく開いています。その理由はなるべく多くの光を目の中に取り込もうとしているからです。桿体細胞は黄斑(網膜の中心部分)の周囲に多く存在します。視細胞が受け取った光の刺激が桿体細胞と錐体細胞から視神経に伝わり、そして脳の視覚野に伝達され処理されます。


ロドプシンが減少すれば急に暗い場所へ行ったときに目が順応するのに時間がかかったり、暗い場所から明るい場所へ出たときにも目が順応するのが遅くなります。目に負担が掛かる分、老眼が早まることにも繋がってしまいます。