20代・30代にスマホ老眼が急増している理由は?




スマホ老眼は、目の毛様体筋に溜まる疲れが原因です。 最近の20代や30代は、スマホを手放すことができません。 なかには、一日中スマホでネットやゲームに熱中してる人もいるほどです。

スマホは、使っているうちに画面と目の距離が近づいていきます。 最初は意識して離していても、自然と画面と目の距離が20cm以内になることも少なくありません。 画面と目の距離が近づけば近づくほど、ピントを合わせる機能を持つ毛様体筋に負担がかかります。 負担がかかり毛様体筋に疲れが溜まると、働きが悪くピントが合いにくくなります。

その結果、近いものを見るときにピントが合いにくくなり、老眼と似た症状が出てくるのです。 これが、一般的に言われるスマホ老眼の理由です。 普通の老眼の症状は、40代を過ぎた頃から現れ始めます。 しかし、最近はスマホが生活必需品となり、手放せなくなる20代や30代が急増中です。

また、スマホ老眼になる理由は、スマホだけではありません。 パソコンの画面でも同じような理由で症状が出てくるので、仕事でパソコンを使う人もスマホ老眼になる可能性は高いです。 昔に比べると至近距離で目を酷使する機会が増えたので、スマホ老眼になる人が増えている原因となっています。 今後もスマホは普及し手放せない人も増えていくことが予想されるので、スマホ老眼の問題はますます深刻化していくでしょう。

スマホ老眼を防止するためには、スマホやパソコンを使わないのが一番です。 しかし、現代の生活で必需品となっているスマホやパソコンは、全く使わないわけにはいきません。 仕事でスマホやパソコンが必須となっている人もいるので、全く使わなくするのは無理な話でしょう。

しかし、スマホ老眼はスマホやパソコンを使うときに、画面と目の距離を離すだけで予防することができます。 他にも画面を暗めに設定したり、定期的に遠くを見たりすれば予防可能です。 スマホのを使うときは、これらのことに注意しましょう。

スマホ老眼と近視の違いは?何がどう違うの?




スマホ老眼と近視との症状はほとんど同じものです。遠くのものは見えるけど、近くのものの焦点が合わずボヤけてしまいます。 また、ぼやけた視界を集中してしようとすることで目が疲れやすくなったり、肩こり、頭痛といった症状を併発する方もいます。 さらには、視界がぼやけてしまうことで吐き気やちょっとした酔いを感じることもあります。では、スマホ老眼と近視は何が違うのでしょうか。

スマホ老眼の特徴は、スマホの画面を長時間も見続けることによって起こる症状です。 また、症状の名前に「老眼」と付いたいますが、20?30代、最近では中高生のスマホ普及率も高まっていることから若年層がなりやすい症状という特徴もあります。

ただ、こうしてみていくと普通の近視でも、勉強や読書、ゲームのしすぎなどが原因で近視になることが多いですが、 スマホ老眼の場合、スマホが生活の一部と化してしまっていることで、深刻度が違ってきます。 また、スマホはブルーライトなど、長時間浴びると健康を害する恐れのある光も出ていることも問題視されています。

では、スマホ老眼を予防するにはどうすればいいのでしょうか。これは、やはり目をあまり酷使しすぎないのが一番です。 ちょっとしたスキマ時間にスマホをついつい見てしまったり、理由もなくいじってしまう「ながら操作」をしないだけでも改善されるはずです。 また、画面を見るときは部屋を明るくしておくのも大切です。とくに就寝前、スマホの明かりだけで画面を見ると、目の酷使が気になります。 ドライアイにもなりやすいことから、こうした使用はできるだけ避けるようにします。

また、画面が小さいため、どうしても近づけて見がちですが、できれば30cm以上は離すようにします。 文字が読みにくいというのであれば、画面の大きいスマホに買い替えるのもおすすめです。 スマホ老眼の症状は改善する可能性は十分にありますので、これらのポイントを守って眼をできるだけ労わることが大切です。




目に良いサプリメント情報・・・ルテインサプリおすすめランキング